ニキビ跡治療『フォトフェイシャル』

にきび跡の治療法の一つ『フォトフェイシャル』
1990年代に開発されたにきび跡治療法です。

 

クリアライトと呼ばれる青色の特殊な光でアクネ菌の代謝物、にきび炎症原因である「ポルフィリン」を死滅させます。

 

また、この特殊な光を肌に当てることでメラニンを抑え、コラーゲンを生成するよう肌細胞を活性化することで、ニキビ跡のデコボコクレーターを治したり、色素沈着・シミ・ソバカスなどを消すことに効果が期待できるとされています。

 

 

『フォトフェイシャル』のメリット

フォトフェイシャルは「クリアライト」と呼ばれる特殊な光で、にきび跡治療・アクネ菌の死滅・シミそばかす色素沈着を消す&薄くするなどの美容効果が期待できます。

 

フォトフェイシャル治療のメリット

 

フォトフェイシャルの治療時間自体、ほかの治療法と比べて短い。ですので肌ダメージが少なく痛みもほとんどない、誰でも利用しやすいメリットがあります。

 

治療後すぐに化粧をしたり洗顔クレンジングも可能なくらい普段通りの生活を送れます。

 

 

光を当てる点で「フォトフェイシャル」は「レーザー治療」とよく似ていますが、レーザー治療は痛みを感じることがあり、肌の赤み、腫れ、場合によってはやけどのようなかさぶたができることがありにきび跡を消すはずだったのに、やけどなどの跡が残る場合がありレーザーはオススメできません。

 

 

またフォトフェイシャル治療はにきび・にきび跡・シミ・シワ・ソバカス・色素沈着の症状を改善することが可能です。

 

 

 

 

 

『フォトフェイシャル』のデメリット

フォトフェイシャル施術費用が高い!!

1回当たり治療費の相場金額は、顔全体で平均5万円ほどの治療費がかかります。

 

たった1,2回の施術では高い効果は見られませんので、完全にニキビ跡や色素沈着を除去するためには5〜10回の治療が必要とされ、かなり高額治療費となります。

 

もしも、受けられるのであればある程度まとまった貯金は必要でしょう。

 

 

治療期間が長い!!

フォトフェイシャルに限ったものではありませんが治療を始めると完了するまで3週間くらいの間隔を空けて治療しなければなりません。

 

完了までに5回〜10回の治療が必要ですので3ヶ月〜7ヶ月くらいの期間が必要。

 

結婚式を控えている、一刻も早くニキビ跡・しみ・しわをなんとかしたい人はなるべく早くから治療を受けることをオススメします。

 

治療が不可能な場合がある!!

アトピー性皮膚炎を患っている、妊娠している女性、光線過敏症、日焼けがひどい人は優しい光といわれるフォトフェイシャルといえども治療を受けることができません。

 

ですので妊婦の方は出産後、日焼けをしている人はおさまってから、アトピー&光線過敏症の人は医師に相談してから治療を受けられるとよいでしょう。

 

 

 

 

フォトフェイシャルの費用相場

ニキビ跡や色素沈着を消す・無くすなどで人気の「フォトフェイシャル」

 

気になる治療料金は、実際に受ける医療機関やクリニックによって異なります。また、フォトフェイシャルは保険適用外。なので費用はすべて自己負担。

フォトフェイシャル料金相場は?

フォトフェイシャル費用の相場は、1回につき1万円〜5万円ほどです。

 

ですが、ほとんどのところでは5万円と言っていいでしょう。最安値で1万円となっていますが、これはキャンペーンやクーポン割引などを参照した価格ですので実際は5万円と考えていた方がよいでしょう。

 

通常、凸凹クレーターニキビ跡やシミ・ソバカス・色素沈着を完全に治すために5回〜10回程度の治療回数が必要で、総費用はフォトフェイシャル治療費だけでも完全に治すまでに50万円ほどとなります。

 

極端に通常価格が安すぎるクリニックは信頼できるかどうか不安なところ。無免許で施術している可能性も0ではありませんので事前によく調べることが重要です。