ニキビが出来る原因

ニキビ原因ホルモンバランス

ニキビ原因といっても、ニキビができる原因はかなり多くの要素があります。

 

十人十色、あなたのニキビの原因を突きとめることで効率良い対策・改善案が出せるのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

子供の思春期はニキビはホルモンバランスの変化によるものですが、大人ニキビにも関係してきます。例えば生理が近くなるとニキビが出やすくなる人はホルモンバランスが変化するためです。

 

自律神経の乱れ

自律神経のバランスが悪くなると副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が増えてしまうことで男性ホルモンが増加、その結果、ニキビが作られるのです。

 

肝臓の疲れや障害

肝臓は、脂肪貯蓄や毒素分解などを司る大事な器官。これが正常に働かなくなると毒素が身体にまわり、肌荒れやニキビなどを引き起こし、皮脂が増加してニキビが出来やすい。

 

便秘

大便には、からだには不要な毒素がたくさん入っています。これを排出しているから人間は健康的に生きていられるわけですが、いつまでも排泄されないと腸が毒素を吸収するためニキビとなってしまう。

 

甘いものを食べすぎ

甘いものを食べることで、糖質を分解する時に大量のビタミンBを使うことになる。このビタミンBが足りなくなると皮脂が多くなり、ニキビが出来やすくなる。

 

ストレス

学生時代、子供の頃はとくにニキビで悩まなかったけど、就職して働くようになったとたん、吹き出物ができるようになりニキビで悩む…そんな人も多いようです。その原因の多くはストレス。

 

ニキビ原因1 ホルモンバランスの乱れ

いらすとや 肌荒れ
子供がもっともホルモン分泌が多くなり成長する思春期はニキビが出来やすい時期です。

 

ですが、大人ニキビもホルモンは無関係ではありません。特に女性の方の中には、生理が近くなるとニキビが出やすくなる人はいると思います。

 

女性ホルモン、男性ホルモンが造られるのは主に精巣や卵巣などの性器器官。ですので生理やED、妊娠などでホルモンバランスが変化し、大人ニキビが出ることが多いのです。

 

ニキビが白いうちは潰しても問題ありませんが、炎症を起こしたり、雑菌が入って膿が溜まるようになったら要注意!ちゃんと適切なニキビケアをしないとニキビ跡になる可能性があります。

 

 

ストレスでもホルモンバランスが悪くなります

ストレスは身体のあちらこちらに悪影響を起こしますが、ニキビに至っても同じ事が言えます。

 

肌の調子を整え、美肌作用のある卵胞ホルモンの活動が低下するため、ストレスを感じるとニキビの他に肌荒れ、乾燥、血流悪化などの影響で肌がボロボロに…、ストレスは溜め込まないようにしましょう。

 

 

 

 

ニキビ原因2 自律神経の乱れ

いらすとや 舌打ち
ニキビの原因と言えば、思春期によるホルモンバランスの乱れだったり、ストレス、ダメな洗顔などを連想してしまいますが、実は自律神経失調症もニキビの原因の一つなのです。

 

自律神経のバランスが悪くなると副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が増えてしまうことで男性ホルモンが増加、その結果、ニキビの元凶となる皮脂腺の活動が活発に。

 

何をしてもにきびが治らない人はひょっとしたら自律神経失調症かもしれません。こちらの治療は精神科でみてもらい、ニキビが酷いときは、適切な薬やグッズを用いてケアをしましょう。

 

 

自律神経失調症は自力で治せるもの

普段、我々は交感神経と副交感神経の働きで体内機能をコントロールしています。

 

これがストレスなどによって神経バランスが崩れてしまうことで自律神経が乱れることで、ホルモン分泌が過多となり、皮脂が増加しニキビができやすい環境となります。

 

皮脂が毛穴を塞ぎ、雑菌を引き寄せ、ニキビとなりますからね。

 

自律神経を安定化させるには、穏やかになるような音楽を聴いたり、睡眠をしっかりとる、運動やお風呂で良い汗をかくと良いでしょう。

 

これにより、ストレスも解消され自律神経失調症も改善されます。

 

 

 

 

ニキビ原因3 肝臓の疲れや障害

いらすとや 肝臓
ニキビの原因には、食生活も深く関わってきます。その一つとして肝臓に障害をもってしまい、ニキビができるというもの。

 

肝臓は、脂肪貯蓄や毒素分解などを司る大事な器官。これが正常に働かなくなると毒素が身体にまわり、肌荒れやニキビなどを引き起こし、皮脂が増加して、これまたニキビが出来やすい環境となります。

 

肝臓機能が弱る原因には、アルコール…つまりお酒の飲みすぎや、油っこい食事が多い、タバコの喫煙などが主な原因。肝臓も働きすぎると疲れます。もちろん病気などの障害でも肝臓の働きが悪くなるのでニキビが出来やすくなります。

 

ですので、ニキビ顔が悩みと言う人は、まずは食生活を見直して、適切なにきびケアをすることが改善への第一歩。汚いニキビ面では異性にもてませんからね。

 

 

肝臓が弱るとビタミン不足に!これまたニキビ原因

ビタミンA不足は、角質増殖して毛穴が詰りやすくなり、
ビタミンB不足は、皮脂腺が活発になり、
ビタミンC不足は、保湿ができなくなり、乾燥しやすくなったります。

 

因みに肌のビタミン不足は、サプリメントよりも化粧水などから直接、肌から吸収したほうが効率がよく、効果が高いので早くニキビの悩みを解消できます。

 

 

 

 

ニキビ原因4 便秘

いらすとや 便秘
便秘すると肌荒れやニキビになる…なんてのは有名な話。つまりは便秘を解消するとニキビも解消されますが、ずっと便秘が治らないとニキビも出来やすい環境となります。

 

そもそも、便秘がニキビ原因となるのかご存知でしょうか?便には、からだには不要な毒素がたくさん入っています。これを排出しているから人間は健康的に生きていられるわけですが、いつまでも排泄されないと腸が毒素を吸収するためです。

 

過去にギネス記録に挑戦しようと、大便の排泄を2ヶ月ガマンし続けた女性がいましたが、その結果、毒素が体中を巡り、その女性は死亡しました。ニキビケアも色素沈着やニキビ跡の原因となるため、ケアも重要なことですが、再発防止に便秘解消は非常に大切です。

 

 

便秘は食生活改善で簡単に治るものですが、ガマン癖はやめよう

便秘症の人の特徴として、野菜が少ない肉ばかりの食生活を送っている人も多いはず。

 

ちょっと、和食中心にしたり、発酵食品を摂るようにすると、結構早く効果が表れてきます。

 

ただ、便秘がちな人は、大便の催しがきてもガマンすることに慣れています。

 

その結果、仕事がいそがしかったりすると、そっちを優先していつの間にか便意が収まることはないですか?

 

ガマンしないで排便する時間を作ることも便秘症を改善する上で大事なことですよ。

 

 

 

 

ニキビ原因5 甘いものを食べ過ぎ

いらすとや スイーツ
女性が大好き甘いスィーツ。甘いものは時としてニキビの原因となります。

 

なぜ甘いものを食べることによってニキビができるのかというと、糖質を分解する時に大量のビタミンBを使うことにあります。このビタミンBが足りなくなると皮脂が多くなり、ニキビが出来やすい環境となるため。

 

もしも、甘いものを好んで食べる人は、同時にサプリメントや食事でビタミンBを意識して摂ることで、出来にくくなります。

 

すでにニキビが出来ている人は、ケアを怠ったり、間違った方法で処理してしまうと、色素沈着、シミ、ボコボコのにきび跡の原因となりますのでご注意を。

 

 

甘いものが原因ニキビは口周りに出来やすい

ビタミン不足や胃腸が悪いときは、口の周りにニキビが出来ることがあります。

 

非常に目立つため、他人の目が気になる場所ですよね?

 

また、油っこいものなどばかり食べている人も口周りに出来やすいです。

 

 

 

 

ニキビ原因6 ストレス

いらすとや ストレス
学生時代、子供の頃はとくにニキビで悩まなかったけど、就職して働くようになったとたん、吹き出物ができるようになりニキビで悩む…そんな人も多いようです。

 

大人ニキビの原因は、色々あるけれど特に多いのが過剰なストレスを抱えることでニキビが出来てしまうパターンです。就職しますと責任・ノルマ・クレーム処理・人間関係・パワハラ・セクハラ・休みが取れないなど、ストレスを感じることが多いのが現状。ストレスは著しくホルモンバランスを乱してしまうため、ニキビが出来やすくなります。

 

他にも子供を宿す、産む、育てるママさん達など、環境の変化・食事制限・行動制限・金銭の不安、と制限がストレスとなりニキビが出来やすくなってしまいます。

 

とくにサラリーマンは理不尽な環境化に晒されることも多く、ニキビ…とまではいかなくても「肌荒れするようになった」、「化粧のノリが悪くなった」という女性はイッパイいると思われます。

 

 

ストレスで出来てしまったニキビ対策

過剰なストレスはホルモンバランス乱し、皮脂分泌や毛穴の角質に悪影響を与えてしまいます。ストレス発散させながらスキンケアが重要になってきます。

 

ただ、スキンケアと言っても、ニキビの色によって対応策も変わってきます。間違ったニキビ対策は、ボコボコ跡になってしまいますので注意が必要です。

 

「ストレス発散」といっても、ほいほい職場を変えられるものではないし、少ない休日しかない人では、意外とストレス発散は難しいものですよね?

 

一番のストレス発散は寝ることです。良い寝具と良い睡眠環境でグッスリと眠ってください。なんの趣味も楽しみもない人でも、グッスリ寝ることでストレスは無くなっていきます。

 

ストレス発散したなら、正しいスキンケアでお肌をいたわってください。

 

よっぽど酷いニキビでなければ、少しづつキメ細かい肌へと改善させていくことが可能です。

 

 

 

にきび芯(コメド)発生原因

 

にきびの芯、専門用語でにきび芯のことを「コメド」と呼ばれています。

 

にきび芯が発生する条件

  1. 細菌が毛穴から侵入
  2. カビが毛穴から感染した
  3. 油分の多い食生活を送っている
  4. 敏感肌・乾燥肌などの体質
  5. ホルモンバランスが乱れている
  6. 過剰に皮脂が分泌
  7. 皮膚が硬く角質化した

 

芯が発生する原因はいろいろなことが重なってできるとされています。原因に対応したにきびの治し方が必要です。

 

 

 

にきびの芯をつぶしても大丈夫?
にきびの芯を指で圧し出して潰すことで早くにきびを治すことが出来ます。しかし、にきびを潰すとニキビ跡になり、クレーター状の凸凹跡になる可能性があると言われていますが、にきびの色が白色や黒色している場合はにきびは進行しておらず、例え潰してもほぼ、ニキビ跡になることが無いので大丈夫と言えます。

 

ただし赤色や黄色したにきびであるとにきびの状態がかなり悪く、この状態でにきびを潰してしまうと角質化してしまい、クレーター状の凸凹跡になる可能性が高いです。絶対に跡を残したくない人は、にきびの色によっては絞り出す出さないは判断しましょう。

 

ちなみにクリニックなどでニキビの芯を出してもらう場合の費用は2,000円〜10,000円程度となります。保険適応外ですのですべて自腹での支払いとなります。

 

 

 

 

にきびを潰すと早く治る?

にきびを潰すことでニキビ菌が空気に触れることで活動が鈍くなるのが早く治る理由の一つ。そしてにきびから芯や膿が出ることで、早くて跡を残さず治すことができるのです。

 

しかし、メリットばかりではありません。にきびの色が赤や黄色になっている場合、にきびの状態がかなり深刻化している状態です。このときに潰してしまいますと、ニキビ跡になりやすいので絶対に潰してはいけません。

 

万が一、クレーターにきび跡になってしまった場合、クリニックなどで治療しますと完全に治すとすると大体、25万円〜50万円はかかってしまいます。後々後悔しないように正しいニキビケアを心がけましょう。