ニキビ跡を治すスクラブ洗顔方法

ニキビのためのスクラブ洗顔は、凸凹クレーターの原因となっている古い角質を除去し、肌ターンオーバーを正常化するための洗顔。

 

ですが、ちゃんとしたスクラブ洗顔方法を実行しないと、ニキビを悪化させたり色素沈着を起こす可能性があります。

 

 

まずはスクラブ洗顔用石鹸を購入しよう!!

スーパーマーケットなどで売られている市販の洗顔ソープでは、肌に刺激を与えたり、角質をとるためのピーリング効果がありません。

 

また、通常の石鹸に含まれる着色料・香料・エタノール・鉱物油などは肌に刺激を与えニキビに対しては逆効果となるためです。

 

 

正しい洗顔方法を実践

まずはゴルフボール2〜3コ分くらいの泡を作ります。

 

次に優しく顔を包み込むように全体をなでるように広げていきます。このとき絶対にこすってはダメ!ゴシゴシ洗いは肌に刺激を与えてしまいます。

 

専用のスクラブ石鹸には、泡の力だけで皮脂や角質を除去できる性能があります。

 

最後にぬるま湯で十分にすすぎをしたら、タオルでこすらず押しあてるように水気をとります。