せっかくニキビが治っても、ニキビ跡の黒ずみが気になっていて、また新たな悩みを抱えている人って結構多いようです。

 

ニキビ跡とは、炎症、傷、色素沈着シミのことを指します。今回の場合は色素沈着により黒ずみが出来てしまった時の対処方法。

 

色素沈着はなかなか治るまでに時間がかかるため、ちっとも治らずにスキンケアの途中で諦めてしまうことも多いのですが、目立たなくするには根気が必要です。

 

まず長期戦になることは間違いがないのですが、根気よく正しいスキンケア方法で治療をし、さらに食生活の食べ物を見直したり、睡眠時間や運動など生活習慣を見直すことで、できるだけ早期改善を目指しましょう。

 

 

ニキビ跡が黒ずむ原因

黒ずむニキビ跡の原因は、ニキビが繰り返し炎症したり、傷ついたりすると次第に皮膚深部の組織を壊れていきます。壊れた組織がいつまでも深部に残り、シミや黒ずみの原因となって消えて無くなることです。

 

 

色素沈着ニキビ跡の治し方

 

スキンケアグッズ

色素沈着タイプのニキビ跡は日々のスキンケアによって薄くしていくことが可能です。

 

ニキビ跡のスキンケアに用意するものとしては、ビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ乳液、イオン導入器などもあればさらに良いですね。

 

普通の化粧品と違ってちょっとばかり値が張りますが、治したいなら購入すべきだと思います。

 

 

ぐっすりと睡眠をとる

しっかりと睡眠時間をとるのも重要ですが、ただただ長く寝れば良いというものでもありません。ぐっすりと眠れる環境を整えてやることが重要です。

 

肌の修復や再生、美容の世界ではターンオーバーと読んでいるのですが、これは寝ている間に分泌される成長ホルモンによってとくに行われています。特に22時〜2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間にぐっすり眠っていると尚良し。

 

 

肌を修復する食事

皮膚の細胞の再生修復を促し、壊れた細胞を外へと排出にするには「たんぱく質」を良く摂ることが大切。

 

たんぱく質を多く含んだ食材は、肉、魚、卵、牛乳製品、大豆製品など。さらに、ビタミン類とミネラルを積極的に摂取すると相乗効果も狙えます。一般的にビタミンが多く含まれている食材は人参、カボチャ、きのこ類、海藻類、ナッツ類などと野菜に多い、豚肉にもそこそこ含まれています。

 

ですのでオススメは豚肉料理。豚肉を中心に献立を考えるとたんぱく質とビタミンを摂ることが容易です。

 

 

運動もニキビ跡改善にした方が良い

運動することは代謝を高め、ターンオーバーを正常化してくれます。これにより壊れた細胞やメラニンなど排出がスムーズに。

 

 

紫外線は浴びない方が良い

人間は紫外線を浴びることで体内でビタミンCを生成するため、まったく当たらない方が良いというものではありませんが、紫外線対策はした方が良いです。

 

炎症が原因の色素沈着ニキビ跡は紫外線を浴び続けることで消えにくくなってしまいます。ファンデーションやUVカットクリームを塗るなどしましょう。コツとしては、汗や擦れなどで無くなっていきますので2~3時間に一度は塗りなおした方が良いです。