にきび芯(コメド)発生原因

にきびの芯、専門用語でにきび芯のことを「コメド」と呼ばれています。

 

芯が発生する原因はいろいろなことが重なってできるとされています。原因に対応したにきびの治し方が必要です。

 

にきび芯の発生原因

  1. 細菌が毛穴から侵入
  2. カビが毛穴から感染した
  3. 油分の多い食生活を送っている
  4. 敏感肌・乾燥肌などの体質
  5. ホルモンバランスが乱れている
  6. 過剰に皮脂が分泌
  7. 皮膚が硬く角質化した

 

 

にきび芯(コメド)発生原因記事一覧

にきびの芯をつぶしても大丈夫?

にきびの芯を指で圧し出して潰すことで早くにきびを治すことが出来ます。しかし、にきびを潰すとニキビ跡になり、クレーター状の凸凹跡になる可能性があると言われていますが、潰しても本当に大丈夫なんでしょうか?にきびの進行状況によっては有効にきびの色が白色や黒色している場合はにきびは進行しておらず、例え潰して...

» 続きを読む

にきびを潰すと早く治る

にきびを潰すと早くニキビを治すことができますがその理由とはなんでしょうか?実は空気に触れるとにきび菌の活動が鈍くなるのが理由の一つ。そしてにきびから芯や膿が出ることで、早くて跡を残さず治すことができるのです。しかし、メリットばかりではありません。にきびの色が赤や黄色になっている場合、にきびの状態がか...

» 続きを読む