ニキビ原因の一つ、肝臓障害

ニキビ原因、肝臓障害

ニキビの原因には、食生活も深く関わってきます。その一つとして肝臓に障害をもってしまい、ニキビができるというもの。

 

肝臓は、脂肪貯蓄や毒素分解などを司る大事な器官。これが正常に働かなくなると毒素が身体にまわり、肌荒れやニキビなどを引き起こし、皮脂が増加して、これまたニキビが出来やすい環境となります。

 

肝臓機能が弱る原因には、アルコール…つまりお酒の飲みすぎや、油っこい食事が多い、タバコの喫煙などが主な原因。

 

ですので、ニキビ顔が悩みと言う人は、まずは食生活を見直して、適切なにきびケアをすることが改善への第一歩。汚いニキビ面では異性にもてませんからね。

 

 

 

 

肝臓が弱るとビタミン不足に!これまたニキビ原因

ビタミンA不足は、角質増殖して毛穴が詰りやすくなり、
ビタミンB不足は、皮脂腺が活発になり、
ビタミンC不足は、保湿ができなくなり、乾燥しやすくなったります。

 

因みに肌のビタミン不足は、サプリメントよりも化粧水などから直接、肌から吸収したほうが効率がよく、効果が高いので早くニキビの悩みを解消できます。